真鯛魂フックシステム大鯛仕様を比較検証!

真鯛魂フックシステム大鯛仕様を比較検証!

カテゴリー: モニターキャンペーン, 和田伸一 | 0

レンジセッターモニターの和田です。

 

レンジセッターには通常のフックシステムとは別に大鯛仕様のフックシステムもある事をご存知でしょうか。
今回はそのレンジセッターのフックシステムについてレポートいたします!

1

 

まず、前回の釣行で私も使いました、大鯛仕様フックシステムと
通常のフックシステムの違いについて、並べてよく見比べてみました。

 

さすがノッコミ真鯛仕様となっているだけあり、太軸で大きいものになっています。
あと、よく見ると親針と孫針の形状が違います。

針に詳しい方ではありませんが、形から孫針はジギングで使うような掛かり重視のような針じゃないかなと思います。

大鯛が釣れるシーズンでもフックシステムだけを替えることで対応できるシンプルさは、
とても良いと実際に使って感じました!

2

 

次に、針に海老をつける時に、私なりに工夫していることがありますので少し説明いたします。

魚の活性が低く食いが浅い時や巻きの最中に、ついばむように追って来て、
海老の頭だけを取られるような場合があると思います。

 

そういう時に私が試す方法は…

3

まず孫針を上下逆に刺して、貫通させて針が外に出るようにします。

また、親針もしっかり外に貫通させます。
これで針掛かりが増えるので、こちらから掛けていくような釣り方に変えて、私は釣果を伸ばすようにしています。
ただし、根掛かりもし易くなりますので注意が必要です。

 

その日の魚のサイズに合わせてフックシステムを変えてみたり、
ショートバイト、餌ばかり取られるような時には餌を変えてみたり、針の刺し方を工夫してみたり、
色々と試してみられてはいかがでしょうか。

ひとつテンヤは、その辺りも奥深く楽しい釣りだと思います。

レンジセッターモニター 和田伸一