海の中は元気イッパイ!

海の中は元気イッパイ!

カテゴリー: テーオー鈴木, 釣行記 | 0

皆さんこんにちは、テーオーです!
 
12月に入り、日中の最高気温も10度台前半の日が増え、冬本番になりつつある今日この頃ですが、
海の中の魚たちは元気イッパイです!

ということで、飯岡港 梅花丸さんに行って来ました!

1

 

当日は北西の風が強く吹き気温も低いため、かなり寒く感じました。

楽しい釣りに集中できるように、こんな日は防寒対策が重要!

重ね着などで暖かくするのはもちろんですが、寒さは隙間から入ってきます。

私の場合、ネックウォーマー、ニット帽、リストバンドで隙間を無くします。
一見怪しい感じになってしまいますが(笑)、これでバッチリ釣りに集中できます!

2

 

さて、実釣の方はと言いますと、やはり強い風が邪魔になり、アタリが非常に取りづらい状況でした。

同船されたお客様も手こずっていました。
 
水深は27m前後のポイントだったので、最初は8号のレンジセッターを使用しましたが、
強風でラインがフケ過ぎるので、直ぐに10号にチェンジしました。

ワンタッチでヘッド交換が出来るので、すごく便利!

3

 

そしてその判断が大当たり!真鯛のアタリが明確に出始めました!
 
もちろん単にヘッド交換しただけではなく、重さを利用したラインメンディングが必要不可欠です!

なるべくラインのフケを無くすように、投入直後からサミングし、
PEラインのメーターピッチに注意して底を取っていきます。

すると着底直後にアタリが出ますが、アタリが出ないときはシャクって誘います。

 

これらを繰り返していくと、レンジセッター特有の吸い込まれるよな感じで
ロッドに重みがかかり、真鯛が釣れてきました。

4

 

私の他に釣果を伸ばしているお客様も、レンジセッターを使われていました!
 
この日は強風と言う事もあり、固定式のテンヤを使われている方はアタリが取れずに苦戦されていました。

今回は魚の活性は高いが、強風でタフなコンディションという状況で、
高比重なタングステンヘッドと遊動式の組み合わせであるレンジセッターが活躍してくれ、釣果に恵まれました!

5

 

もちろん、釣りの後はお約束のラーメン。

今回は旭市民が溺愛するくるまやラーメン(笑)で味噌キムチ。
冷えた体がほっかほかになる一杯でした。

6

テーオー鈴木